So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ゲーム欲 BASIC ブログトップ
前の10件 | -

MZ-80CでBASIC その2 [ゲーム欲 BASIC]

今週ずっと眠たいのは,深夜遅くまでプログラムしていて,
  時間を忘れて楽しんでいるためでしょう.
  迷路プログラムのバグがとれて,立体迷路表示に挑戦中です.
  立体といっても,関数で実数計算したグラフィックではなく,
  加減算で決めた座標に壁を画くだけです.残念なやつです.

<趣味画像 6783> 夢中でプログラミング中
6783 PasocomMini201801-11.JPG

ニンテンドーDSでプログラムするより,キーボードが楽です.
  WiiにもSmileBASICがあって,プログラム交流会などあるようですが,
  これは自己満足のプログラムなので,この中で完結してもしょうがないでしょう.

<趣味画像 6784> 立体表示が昔っぽいです
6784 PasocomMini201801-10.JPG

数行書いては,「RUN」して「ERROR」で止まり,「LIST ERR」で書き直す.
  BASICのプログラムは,プロのプログラマーさんには嫌われていましたけど,
  素人がどんどん書き進めるには,昔から楽で良い物でしたね.
  次はこの3Dで,向きを変えるときの斜めから見た表示に挑戦中です.
  それが出来たら,自動で迷路を探索するマウスのプログラムです.

<関連記事> 
6759 PasocomMini201801-3.JPG 平成30年 1月11日  MZ-80CでBASIC その1
3395 迷路シミュレーター212+.jpg 平成27年 3月 8日 迷路探索シミュレーター その7

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Program with BASIC of MZ-80C (No.2): Private Material Life.
nice!(25)  コメント(0) 

MZ-80CでBASIC その1 [ゲーム欲 BASIC]

前回までの記事で,FlashAirを用いてPCとメモリー共有を試みましたが,
  やっぱり仕様で,FlashAirに書き込みが出来ませんでした.
  FlashAirからの読み出しは,動作中にリアルタイムに出来るので,
  時々バックアップをとるだけになりました.それでも貴重な手段です.

読み出したファイルを,エディターで編集したり書き足してから,
  SDカード(FlashAir)を取り出して,物理的につないで書き込みは出来ます.
  ただ,エディターの設定がわからず,新規挿入行は見た目の命令は同じでも,
  なぜか実行時エラーになってしまいます.見えない識別コードが入るのかな.

<趣味画像 6757> 14,524,248 kbytes free 
6757 PasocomMini201801-1.JPG

結局,PasocomMiniを起動して,プログラムはSmlie-BASICで打ち込んでいます.
  そのほうが,命令は色分けされるし,F5キーで実行させながら,
  トライ&エラーを繰り返して,BASICはデバッグしやすいようです.
  BASICは,昔もこうしていましたね.楽しいな,懐かしいです.

<趣味画像 6758> プログラミング中
6758 PasocomMini201801-2.JPG

16GBのFlashAirをフォーマットしましたから,
  BASICのプログラム領域は,14GB以上の空き容量があります.
  毎日1,000行のプログラムを打ち続けて,1,000年分になりますけど.

<趣味画像 6759> 迷路実行中
6759 PasocomMini201801-3.JPG

さて,自作のマイクロマウス迷路プログラムを移植中ですが,
  やっと手動で迷路探索が出来るようになりました.バグだらけでした.
  これを3D迷路にすると面白いかも.冬の夜が更けていきます.

<関連記事> 
6708 FlashAir16.JPG 平成29年12月28日 懐かしいMZ-80C その7
6703 FlashAir01.JPG 平成29年12月27日 懐かしいMZ-80C その6

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Program with BASIC of MZ-80C (No.1): Private Material Life.

nice!(27)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その7 [ゲーム欲 BASIC]

FlashAirの設定です.FlashAir Tool を使います.
  USBカードリーダーでPCにつなぎ,Eドライブで認識させます.
  「ネットワーク設定」で,パスワードを入力しておきます.
  「インターネット同時接続機能を有効に」します.
  手近のアクセスポイント(自宅の親機)のSSIDとPWを入れます.
  寝室のPC近くのポータブルルーターを親機に設定しました.

<趣味画像 6704> FlashAir Tool
6704 FlashAir12.JPG

このWi-Fi親機を介して,PCの子機と,FlashAirが繋がります.
  ここから,「FlashAirドライブ設定」に進みますが,
  なかなか繋がらないので焦ります.

<趣味画像 6705> ネットワーク設定
6705 FlashAir11.JPG

ドライブ設定で,SDカードを外して,機器に入れるように指示されます.
  FlashAirをMZ-80Cに装着し,Raspberry Piの電源も入れます.
  これで,FlashAirも作動しているはず.残りの手順をすすめると,
  アクセスポイントからFlashAirを探してきて,自動設定されます.

<趣味画像 6706> 設定中です
6706 FlashAir10.JPG

ここまでで安心していたのですが,一旦繋がったWi-Fiが,
  ショートカットからの再起動では,また見つからないということになりました.
  これは,FlashAirのIPアドレスが「固定IPアドレス」でないためらしい.
  まあ,毎回PCからFlashAirのWi-Fi電波を検索して,接続できそうです.
  とりあえず,FlashAirを接続して開けば,ファイルが読めました.

<趣味画像 6707> FlashAirの中身が見えました
6707 FlashAir14.JPG

<趣味画像 6708> 本体内部にFlashAirを押し込む
6708 FlashAir16.JPG

うれしいことに,SmileBASICを走らせながらでも,
  SDカード内のファイルが読み書きできました.(カード差し替え不要!)
  電源が入っていないと読めないので当然といえばそうですが.
  これで,BASICプログラムのバックアップが,簡単になりました.

<趣味画像 6709> エディターで編集もできそうです
6709 FlashAir15.JPG

そして,読み出したBASICプログラムは,エディターで編集しよう.
  編集や印刷がWindowsで出来るのは画期的です.大作が作れるかも.
  更に,SmileBASICのプチコンフォントを適応して,いい感じです.
  今年はここまでですが,迷路プログラムが出来たら報告しますね.

<関連記事> 
6703 FlashAir01.JPG 平成29年12月27日 懐かしいMZ-80C その6
6691 MZ80C2017-11.JPG   平成29年12月24日 懐かしいMZ-80C その5
4545 ポータブルルーター201603.jpg 平成28年 3月 8日 ポータブルルーター 2016年

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.7): Private Material Life.

nice!(25)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その6 [ゲーム欲 BASIC]

さて,マイクロSDカードの無線化の試みの続きです.
  PasocomMiniのRaspberry Pi に,FlashAir 16GBを,
  延長ケーブルで接続します.前回記事を参照してください.

<趣味画像 6700> FlashAirをフォーマットします
6700 FlashAir04.JPG

FlashAirは,まずPCにUSB接続して,内部のファイル(2つ)を退避します.
  FAT32でフォーマットしたFlashAirに,システムイメージをコピーします.
  製品に付いてきたシステムのマイクロSDカードのイメージが残っていたので,
  「Win32DiskImager」を使って,書き込みます.
  その後,FlashAirのrootに,「DCIM」と「SD_WLAN」を戻しておきましょう.

<趣味画像 6701> ディスク3がFlashAirです
6701 FlashAir02.JPG

できあがったSDカード内部は,11.4GBの未割り当て領域が残ります.
  もったいないので,パーティションを変更します.
  「AOMEI Partition Assistant Standard Edition 6.6」を使いました.
  1,020MBの領域は触れないので,2.5GB部分を拡張しました.

<趣味画像 6702> ディスク2がパーティション変更後です
6702 FlashAir03.JPG

16GBのFlashAirで,13.9GB部分が使えます.十分すぎます.
  これで,起動するところまでは,前回確認しました.
  SDカードを出し入れしてファイルの読み書きは出来ますが,
  FlashAirの良いところは,取り出さずに読めるところです.

<趣味画像 6703> FlashAir Toolを使います
6703 FlashAir01.JPG

専用のFlashAir toolをDownloadします.
  次は,ここにWi-Fiでアクセスしてみます.続きます.

<関連記事> 
6690 MZ80C2017-10.JPG 平成29年12月24日 懐かしいMZ-80C その5

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.6): Private Material Life.

nice!(24)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その5 [ゲーム欲 BASIC]

PasocomMini はマイクロSDカードで起動するのですが,
  これを取り出して,外で読み書きして,また戻すと,
  手間ですし,ファイルの破損が怖いです.
  オリジナルはコピーして使っていますが,毎回開けるのも面倒です.

<趣味画像 6690> マイクロSDカードの延長ケーブル
6690 MZ80C2017-10.JPG

Raspberry Pi(Model A+)の改造記事はたくさんあります.調べます.
  このマイクロSDカードを延長ケーブルで引っ張ってきて,
  普通サイズのSDカードを付けられることがわかりました.
  更に,そのSDカードを,無線で読み書きできるFlashAir ならどうかと.

<趣味画像 6691> FlashAirを装着してみます
6691 MZ80C2017-11.JPG

試行錯誤して,16GBのFlashAirにシステムを移し,起動には成功しています.
  SDカードの16GBの領域を開放したりして,使えるような気がしてきました.
  PCの方に,Wi-Fiが付いていなかったので,通信までは確認できていません.
  Wi-Fi接続して,BASICプログラムなどを,外部で編集できたらいいですよね.
  これがだめなら,USBにWi-Fi子機を繋ぐのも試したいです.

<私的物欲生活.In Amazon> 
 

<関連記事> 
6663 MZ80C2017-13.JPG 平成29年12月15日 懐かしいMZ-80C その3
4914 マイクロSD201606-1.jpg 平成28年 6月26日 マイクロSDカードの故障

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.5): Private Material Life.

nice!(23)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その4 [ゲーム欲 BASIC]

PasocomMiniに内蔵されているSmileBASICは,
  ニンテンドーDSのプチコン3号プログラムと同等です.
  画面表示命令など,かなり違うようですが,BASICはBASIC.
  ニンテンドーDSの画面は小さくて,タッチペンでつらかった.
  キーボードとディスプレイで編集できるから,プログラムは楽です.

<趣味画像 6669> MZ-80Cのミニチュアですよー
6669 MZ80C2017-15.JPG

以前作った,迷路探索プログラムを移植しようと思っています.
  サンプルプログラムなどを参考にして,命令を覚えないといけません.
  キャラクター表示だけなら簡単ですが,迷路部分は背景にしたい.
  それを,グラフィック表示しようとして困っています.
  もともとのMZ-80Cでは,グラフィックどころでは無かったのですけど.

<趣味画像 6670> キーボードトップが完全再現されています
6670 MZ80C2017-12.JPG

SAVE命令で,SDカードに保存されるはずですが,
  コマンドラインで“ファイル名”指定して入力しないといけないのが,
  懐かしいのですが手間です.Windowsはマウスが使えて楽ですね.
  マイクロSDカードの抜き差しが危険ですが,なんとか取り出して,
  直接DATAファイルをEDITしてみたいと思っています.

<趣味画像 6671> BASICプログラミングに挑戦
6671 MZ80C2017-16.JPG

そういえば,LINE命令やCOLOR命令なんて久しぶりです.
  PC-8801やPC-9801で初めてカラーグラフィックができて,
  いろいろ遊んでいたのを思い出しました.懐かしいですね.

<関連記事> 
6664 MZ80C2017-14.JPG 平成29年12月15日 懐かしいMZ-80C その3
3373 迷路シミュレーター201+.JPG 平成27年 3月 1日 迷路探索シミュレーター その5
3273 プチコン3号画面.jpg 平成27年 1月21日 プチコン3号 購入

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.4): Private Material Life.

nice!(22)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その3 [ゲーム欲 BASIC]

Raspberry Pi(Model A+)を使うのは初めてですから,
  技術的な関門について,ラズパイ初心者用の覚え書きです.
  まず,マイクロSDカードのコピーについて.

FAT32でフォーマットしたマイクロSDカードを用意しますが,
  単純にファイルをコピーしただけでは,起動できません(でした).
  専用のバックアップツール「PasocomMiniBackup」が発表されています.
  以前は無かったので,「Win32DiskImager」とか使ったようです.
  Imageで保存して,バックアップを残すそうです.

<趣味画像 6661> BASICが起動しました(67,000KBフリー)
6661 MZ80C2017-11.JPG

電源と,USB増設について.
  最新のラズベリーパイには,USBが4個付くそうですが,
  この機種には1個だけで,マウスとキーボードすら同時に使えません.
  USBハブを繋げば良いのですが,ハブにも電源供給が要ります.
  いっそのこと,セルフパワー付きのハブで,本体の電源も取ると良いらしい.

<趣味画像 6662> 電源などの配線図です
6662 MZ80C2017-10.jpg

USBコードが,太くて長いので,本体が配線に埋もれます.
  画面は,HDMIから,DVI変換ケーブルでつなぎました.
  音が出ないかもしれませんが,本番になれば,HDMI同士でつなぎます.
  最後に本体に電源を差し込めば,見事に起動しました.

<趣味画像 6663> 配線のほうが大きいような
6663 MZ80C2017-13.JPG

MZ-80Cのミニチュア版の遊び方のマニュアル.
  マイクロUSBケーブルを繋ぐと電源ON.
  F12キーで,「SmileBASIC」と「MZ-80エミュレータ」の切り替え随時.
  F11キーで,ソフトウェアキーボードのON/OFF.
  F12でSmileBASICに,エディターは「ALT+0」でダイレクトモードに,
  「shutdown」コマンドを,ダイレクトモードで打ち込んで終了する.

<趣味画像 6664> 地底最大の作戦
6664 MZ80C2017-14.JPG

「MZ-80エミュレータ」のマニュアル.
  「LD」と入力すると,ダイアログが表示される.
  ファイルを選択すると,ゲームが起動する.
  ゲーム終了は,F12でSmileBASICにして,「emureset」と入力する.
  「地底最大の作戦」「平安京エイリアン」懐かしいです.

<私的物欲生活.In Amazon> 
   

<関連記事> 
6654 MZ80C2017-06.JPG 平成29年12月13日 懐かしいMZ-80C その2
6642 MZ80C2017-02.JPG 平成29年12月 9日 懐かしいMZ-80C その1

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.3): Private Material Life.

nice!(21)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その2 [ゲーム欲 BASIC]

PasocomMini MZ-80C を開封しました.
  箱には,更に小さな模型が一つ入っています.軽いです.
  説明書は,ホームページ参照することになっていますし,
  シールとか,はめ込み画面とか付属します.よく出来た模型です.

<趣味画像 6653> 開封しました
6653 MZ80C2017-05.JPG

この模型の中にワンボードマイコンが入っているからすごいのです.
  ラズベリーパイ(Raspberry Pi Model A+)が入っています.
  これも,Amazonで買えば4,000円程度の物ですが,あなどれません.
  MZ-80C当時のCPUクロックが2MHzで,これが700MHzなので,
  300倍以上の速度です.(自転車とF15戦闘機ぐらい速さが違う)

<趣味画像 6654> 手のひらサイズぐらい小さい
6654 MZ80C2017-06.JPG

CPUに512MBメモリー(RAM)が,計算用に付いていますが,
  マイクロSDカードをROM/RAM代わりとして使います.
  4GBのSDカードが付いてきましたが,32GBにイメージコピーして使います.
  もとのMZ-80Cが,全部で64KB-RAMでしたから,32GBは500,000倍です.
  35年間のPCの進歩が実感されます.スマホはもっとすごいですけど.

<趣味画像 6655> マイクロSDがROM/RAM代わりです
6655 MZ80C2017-07.JPG

さて,これに,キーボードやマウスをUSBでつないで,
  画面はHDMI接続,電源はマイクロUSBです.
  懐かしのゲームが付いてくるそうなので,楽しみです.

<私的物欲生活.In Amazon> 
  

<関連記事> 
6642 MZ80C2017-02.JPG 平成29年12月 9日 懐かしいMZ-80C その1
3273 プチコン3号画面.jpg 平成27年 1月21日 プチコン3号 購入

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.2): Private Material Life.

nice!(23)  コメント(0) 

懐かしいMZ-80C その1 [ゲーム欲 BASIC]

MZ-80Cのミニチュア版が発売されるというニュースを知ったときには,
  すでに7月で予約終了となっていて,泣く泣く購入をあきらめかけていました.
  平成29年10月より販売開始になり,どこかで余っていないかと探したときに,
  2次予約があって,少量限定で通販されていることを知りました.
  当時のマイコン少年なら,買っておくべきでしょう.(今しかありません)
  PasocomMini MZ-80C 株式会社ハル研究所

<趣味画像 6641> 上からの写真
6641 MZ80C2017-01.JPG

無事に通販で届きました.1台あれば十分です.思ったより小さい箱です.
  もともとの大きな箱を知っていますから,軽くて拍子抜けではあります.
  1/4スケール手のひらサイズなので,体積は1/64ですね.
  斜めからみると,そうです,この色の箱でした.

<趣味画像 6642> 箱のレイアウトデザインがそっくりです
6642 MZ80C2017-02.JPG

シャープ株式会社さんのご厚意で制作されていますが,ハル研究所からの発売です.
  開封したくてウズウズしますが,忙しくてまだ遊べません.
  そうだ,うちのMZ-80Cは捨てられてないだろうか.押し入れの奥にあるはず.
  大きさやら比べてみるのが楽しみです.古いのは錆びているかな.

<趣味画像 6643> SHARPありました(PC-8801もある?)
6643 MZ80C2017-03.JPG

ミニチュア版で,昔を思い出し,懐かしさをかみしめながら,(感涙!)
  ゲームをしたり,プログラムしたり出来るのでしょうか.
  Smile BASIC搭載ですが,プログラムを保存できるかな.

<関連記事> 
3273 プチコン3号画面.jpg 平成27年 1月21日 プチコン3号 購入
946 思い出の本1.jpg 平成24年 6月 7日 今月は断捨離 その3

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

Miniature model of MZ-80C (No.1): Private Material Life.

nice!(19)  コメント(0) 

迷路探索シミュレーター A法その5 [ゲーム欲 BASIC]

前回にも書きましたが,@SHORT1,@SHORT2ルーチンは,
  マシン語などでコンパイルして使うと早くて良いのです.
  ただ,256(区画)×256(歩数)ループで計算させていて,無駄が多いです.
  ここには改良の余地があり,次回直します.

<趣味画像 3536> 歩数0から増やしていきます
3536 迷路シミュレーター527.JPG

<趣味画像 3537> 歩数MAPが,ゴールにとどけばおしまい
3537 迷路シミュレーター528.JPG

歩数MAPを作る部分と,それから手順を生成する部分に分けていて,
  普通は続けて実行することになります.
  MAP5は,二次元のMAPではなく,手順が並んだ一次元です.
  ゴール位置から,矢印のお尻をたどることで,生成されます.

<趣味画像 3538> 8歩でゴールする例
3538 迷路シミュレーター529.JPG

<趣味画像 3539> 歩数の分だけ手順があるはず
3539 迷路シミュレーター530.JPG

<趣味画像 3540> S2MODEが1ならば,一手順読みだし
3540 迷路シミュレーター531.JPG

これで終わりです.次回は,迷路の大きさを30×30にして,
  A法のルーチンも対応させて,難しい迷路を解かせてみましょうか.

<関連記事> 今回も画像は別画面で大きく表示されます(横1000ピクセル)
3530 迷路シミュレーター525.JPG 平成27年 4月27日 迷路探索シミュレーター A法その4
3504 迷路シミュレーター521.JPG 平成27年 4月19日 迷路探索シミュレーター A法その3

最後まで読んでいただいて,ありがとうございます.
ほかの記事も読んでくださると,うれしいです.

I make the maze program in Puchikon (A-No.5): Private Material Life.

前の10件 | - ゲーム欲 BASIC ブログトップ
私的物欲生活

生活の中で,自分なりのこだわりで選んだ買い物.なぜ,これでなければならなかったのか.買い物してしまって後悔しません.無理に勧めません.お気に入りなだけです.

Private Material Life.